赤ワインは身体に良いお酒?効果・美味しい味わい方・選び方のポイントなどを紹介

このサイトでは、赤ワインの主な効果について詳しく説明しています。
飲むことで健康や美容など身体にとってどんなメリットがあるのかを分かりやすく解説します。
さらに、美味しい味わい方や選び方のポイントまで幅広く紹介しています。
またこのサイトではワインの主な種類や選ぶ際に必ずチェックすべき点についてもお伝えします。
自分に合う味や香りなど探しているという方にとって必見の内容ですので、ぜひ参考にして観てください。

赤ワインは身体に良いお酒?効果・美味しい味わい方・選び方のポイントなどを紹介

赤ワインは、ブドウを原料にしてつくられるお酒です。
そのため、葡萄酒とも呼ばれています。
ブドウをたっぷりと使うため、健康や美容にも良い効果が期待できます。
赤ワインに含まれるポリフェノールはアンチエイジング対策にも良い効果が期待できるといわれています。
若々しくなりたい方は積極的にのんでみてはいかがでしょうか。
赤ワインは色々な種類がありますので、産地や香りなどもチェックした上で選ぶとよいでしょう。
美味しく味わうためにグラスにこだわるのも手です。

赤ワインはブドウで作られている?主な原料

赤ワインはぶどうの旨味を存分に味わうことが出来て、なおかつ渋みも感じられて奥深い味わいが多くの人たちを魅了しています。
赤ワインは赤黒いような色合いが特徴的で原料である黒ブドウを、皮ごと潰してから醸造熟成して作ります。
黒ブドウの品種や醸造時間の長さなどによって、高級な価格となるものもあります。
赤ワインに使用される黒ブドウの品種は様々あり代表的なのが、ボルドーワインの代表的な黒ブドウのカルベネソーヴィニヨンです。
フランスボルドー産の黒ブドウは、渋みが強い特徴があります。
その他まろやかな口当たりのメルローやピノノワールやシラーやガメイやネッビオーロや、サンジョヴェーゼなども日本でも知名度の高い黒ブドウです。
日本固有の黒ブドウマスカットベリーAも、口当たりのなめらかさが人気を集めています。
まだまだ種類があり、それぞれに特徴が異なるので赤ワインを極めたいと考えているなら様々な種類の黒ブドウを原料としたワインを楽しんでみてはいかがですか。

赤ワインは健康や美容に良いというのは事実?

健康にいい成分が赤ワインに入っているのは事実です。
ポリフェノールは赤ワインの渋み成分の1つであり、さまざまな健康効果が確認されています。
抗酸化作用が強く、活性酸素を分解して老化防止に貢献します。
現在のところ、老化の大きな原因は酸化と糖化だとわかっています。
酸化防止に大きく貢献する物質を摂ると、動脈硬化効果などが期待できます。
また赤ワインに入っているアルコールは血行促進する働きがあるため、運動不足に悩む人に好影響を与えます。
血液中に滞っている疲労物質が流れることで、体が健康になり、肌が美しくなる可能性があります。
ただしアルコールの大量摂取は体に悪影響です。
アルコールは肝臓が分解しますが、疲労するとその他の役割を果たさなくなるため、体のさまざまな組織が修復しないままになります。
脂肪肝や肝硬変を招くリスクもあります。
肝臓以外にも脳に悪影響をもたらすと考えられます。
長年にわたり飲酒を続けてきた人の脳は萎縮していることが多く、認知症になりやすいという報告があります。

ポリフェノールが含まれた赤ワインはアンチエイジング対策にもおすすめ

若返りを行いたいと考える方は、赤ワインを積極的に飲んでみるとよいです。
赤ワインにはポリフェノールが多く含まれています。
ポリフェノールは、抗酸化作用が強く体の老化を防止してくれます。
普段から老化が気になる方は飲んでみるとよいでしょう。
赤ワインを飲むことでお肌の若返り効果を実感することができます。
肌にシミやシワが多くできている人は、高級な化粧品を使用しますがまずは体の中からアンチエイジングすることが重要です。
赤ワインなら、その希望を叶えることができるので、いつまでも若くいることができるでしょう。
アンチエイジングを考えた時に摂取しておきたいですが、お酒が苦手な方は無理をして飲まないようにしましょう。
お酒が苦手な人は、アルコールを分解するだけの力がありません。
無理に飲むことで肝臓に負担をかけることになってしまいます。
体のことを考えた時には飲むのを控えておいた方が賢明です。
飲むときには、この点にも注意しておくとよいです。

赤ワインは認知症やアルツハイマーの予防にも効果的といわれている

赤ワインはステーキなどの肉料理を食べるときに飲むと美味しく味わうことができますが、認知症やアルツハイマー病などに対しても効果があると考えられています。
一日一杯程度で効果が出ると考えられていますから、基本的には過度の飲酒は逆効果になる可能性が高いので、その点を意識して飲んでいくのが大切です。
また赤ワインと一緒にチーズを食べることで、アルツハイマー病を防ぐ効果が得られる可能性がありますから、チーズをおつまみで用意するといいかもしれません。
基本的にチーズも適量でないといけませんから、たくさん食べれば効果が増すようなことはないです。
赤ワインにはポリフェノールが豊富に含まれていますから、老化防止のような効果も得られるかもしれません。
アンチエイジングや動脈硬化を防ぐ効果がある成分も赤ワインには含まれているので、いろいろな病気を未然に防いでいきながら、効率的に若さを持続するようなこともできる可能性が高いです。

著者:上杉成一

筆者プロフィール

佐賀県佐賀市生まれ。
赤ワインが好きでコレクションしています。
ここでは赤ワインの主な効果について共有していきます。
赤ワイン おすすめ